“鹿島の鉄人”本田が引退「他のユニホーム姿は想像できない」という記事より。

「退くことに決めた。アントラーズ以外のユニホームを着ている姿が想像できないしね。家族を不安にさせるわけにもいかないから決断した」

鹿島アントラーズの本田泰人が引退することになりました。

来季の契約更新が行われないことから、引退か移籍かで悩んでいた本田でしたが、「アントラーズ以外のユニホームを着ている姿が想像できない」ことを理由に引退することにしたそうです。

1993年から鹿島一筋。中盤のダイナモとして活躍し、対戦チームからすると泥臭く、非常に嫌な存在でありました。

「スーパーバイザーみたいな形でもいいから、鹿島のために恩返しをしたい。その前に10冠で締めくくりたいね」

J2などに移籍して新しい目標を立てるということもできるのでしょうが、長く同じチームでプレイしていた選手は、違うチームのユニフォームを着ている姿というのは難しいのでしょうね。福田正博もそうでした。

お疲れさまでした。

鹿島アントラーズ シーズンレビュー2005

鹿島アントラーズ シーズンレビュー2005