名古屋が中沢獲りという記事より。

J屈指の資金力を誇る名古屋が、大物選手獲得に乗り出す。来季の飛躍を目指す名古屋が日本トップクラスのDF中沢を補強の目玉としてリストアップしたことが分かった。

名古屋グランパスが、横浜マリノスの中澤の獲得に乗り出すという話です。

既に打診をして、金額面で折り合えば横浜の社長も移籍に応じる意向とされています。中心選手だけに、本当でしょうかね、という思いも。

でも横浜も「みなとみらいにおける新クラブハウス建設などが影響し、財政難に直面」というのが相当大きいみたいですね。奥、中西らに戦力外通告というのも、その一環ですし。

近年ではMF藤田ら大型補強を行いながらも成績は伸び悩み、今季も8位と低迷している。すでにベテランDF秋田と来季の契約を結ばない方針を固めるなど、チーム改革に着手。フェルフォーセン監督(59)の続投も決まり、核となる選手の補強に乗り出した。

なんとなくベテランを多く獲得している印象があるのですが、でも若手もいい選手が多いですよね。

横浜にしてみればDFの選手も育っているので、中澤が高く売れるなら放出しても、というところなのでしょうか。中澤と松田のディフェンスラインというのも、相当嫌なものでしたけどねぇ。