北朝鮮の選手がU17で年齢詐称かという記事より。

24日、クアラルンプールでのアジア連盟(AFC)理事会から帰国した日本サッカー協会の小倉純二副会長は、、9月に行われたU-17アジア選手権で準優勝した北朝鮮の選手1人にMRI(磁気共鳴画像装置)検査で年齢詐称の疑いが出たことを明らかにした。

U-17で準優勝した北朝鮮の選手に、年齢詐称疑惑が生じているそうです。どうしてそんなことが分かったかというと、MRI(磁気共鳴画像装置)の検査で分かったのだそうです。

MRIで年齢が分かるのは、骨の検査で分かるみたいですね。まあ国を挙げて年齢詐称されたら分からないですからね。こうした方法も必要なのかもしれません。

U—17で北朝鮮選手が年齢詐称?という記事によると、

7日のAFC規律委員会で処分が検討され、北朝鮮は来年韓国で開かれるU—17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)出場権をはく奪される可能性もある。

ということで、出場権剥奪が待っているようです。