「W杯、ジーコ流王道通じず」という記事より。

大会から4カ月が経過し、遅きに失した感はあるが、ジーコ監督が率いた4年間を総括し、一部にあった采配(さいはい)への疑問やオシム監督選任過程への批判にも応えている。

日本サッカー協会が、ワールドカップドイツ大会の技術報告書を公表したそうです。

報告書では、アジアでは好結果を残しながら、W杯で通じなかったジーコ前監督のサッカーを「王道」と表現し、「アジアでは日本が悪くても、徹底して王道のことをやっていけば、相手は崩れた。しかし欧州や世界は違う」と世界との差を指摘した。

あの‥‥‥‥まあ、いいですかね、もう。

今回の代表には中田英、中村ら日本サッカー史上屈指の才能がそろった。ただ報告書では、現代サッカーで求められる運動量や動きの中での技術に世界との差があったことも指摘。「けって走って戦える選手でなければ世界では通用しない」としている。

あの‥‥‥‥まあ、いいですかね、もう。

2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ドイツ代表 戦いの軌跡」

2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ドイツ代表 戦いの軌跡」