“ホームシック”平山笑顔の帰国という記事より。

空港に降り立った平山は笑みを浮かべていた。ヘラクレスから戦力外通告を受けて失意の帰国のはずなのだが、どうも様子が違う。

ヘラクレスを退団し日本に帰国した平山相太が、その退団の理由を語ったそうです。

それによると、

「日本に帰って来られて、うれしい気持ちでいっぱいです。6月に日本に帰った時に、日本が恋しいと思った。オランダの生活になじめなかった。オランダ語は一生、話せないと思う」

ということで、ホームシックが理由だったようです。

「オランダ語は一生、話せないと思う」といっていますが、覚悟していったのでは‥‥とも思ってしまいますが。

檄を飛ばす意味で「やる気がないなら出ていってもいい」と言われたのを、「言葉の壁に苦しみ母国を恋しく思っていた平山が、チームを去るきっかけにするには十分な言葉だった」と記事。

精神面での弱さを露呈してしまった平山ですが、既にJリーグの10クラブ以上からオファーを受けているそうです。

日本にいた方が代表を目指すには良さそうですし、オランダでの経験を活かせれば、また活躍もできそうな予感です。