オシム監督 欧州組特別扱いしないという記事より。

若手の大胆起用で千葉を強くしたようにオシム監督の中では、選手の過去の実績は関係ない。「オシムさんは独特の考えがある。Jリーグを大事にしている」と田嶋委員長。常に欧州組を優先させたジーコ監督と異なり、欧州組に無条件に定位置を与えることはなくなりそうだ。

確かに90分間チームのために働けるかどうか、がオシムサッカーでは重要になるので、いくら海外にいるといっても控えに回っていては、いざという時に戦えないですね。

また海外にいるというだけの理由で重用されるようでは、Jリーグで好調を維持している選手たちのモチベーションも保てません。

そういう意味でも「レギュラーで本当に調子の良い選手」を起用するというのは、当たり前かつ正しい戦略だと思います。

8月の代表日程では既にトリニダード・トバゴ戦(9日)、イエメン戦(16日)の2試合が組まれている。

誰が代表に招集されるのか、興味津々です。