ファンサイドから,ワールドカップでの勝ち方を伝授してみるというエントリーより。

まず、かましのフェイクが必要だ。

「オレは、サッカーにはもう興味がないんだ。

サッカーは金に汚いから辟易している。

もうサッカーなんてどうでもいいよ」

というのが今イタリアの流行である。

スポーツと言えばサッカーしかないようなこの国の男子が

クチを揃えてこのセリフを吐く。

しかし今日、完全にこれがフェイクだったと思い知った。

野球素浪人で、イタリア人が裏金でサッカーに辟易したそぶりを見せつつ、やっぱりサッカー大好きなんだよ、やっぱりやっぱりな話を書いてくれています。イタリアから生の情報、楽しい!

いつもは家の主である「オレはバレリア」のお父さんが

いの一番に出迎えてくれ、そしてこの主が、妻の台所仕事を

いつも甲斐甲斐しく手伝っているのだが、今日は全くその様子が無い。

リビングのソファーにドカッと腰を掛け

爆音でテレビを付け、試合待機している。

しかももうすでに出来上がっている・・・

何本飲んだんだ、この人?という面持ち。

いやー、猛烈に面白いですね、このエントリー。普段は甲斐甲斐しいお父さんが、ことサッカーになると人が違ってしまうという。日本だと、野球大好きな親父さんですかね。

しばらくして主は試合開始と共に、友人の息子から

大音量が出るスプレーを力ずくで取り上げ

うれしそうに鳴らしまくる。

このね、写真がある訳ですよ。取り上げている写真が。それがまた愉快。

試合終了は23:00ちょっと前。

そこから奥さんはキッチンに行き、肉を焼きだす。

鳥、豚、牛をまとめてオーブンに。なかなか斬新だ。

1時間ほどして食卓が出来上がる。時計を見ると、日にちが変わっていた。

「今から肉かよ・・・」と、この日の負け犬は思うが

勝ち組どもは「これが当然」という顔をしながら肉にほおばりついている。

おかしい。深夜の晩餐はおかしいよ。でも、勝利の晩餐はさぞかし美味でしょうね。くうう。

いやー、でもいいなー、イタリア! ヤギさん楽しそう!