天、ネットと出版のメディアミックス分野へ進出-雑誌「STAR soccer」創刊という記事より。

楽天グループでは、すでにポータル・メディア事業を手掛けているが、今回のSTAR soccer創刊で、今後の基本戦略の重点分野の1つである「メディア」をさらに強化すべく、ネットに限らずさまざまな媒体への進出を目指す。

インターネットと雑誌のメディア融合を目指すとして、楽天が出版事業を開始するそうです。その第一弾が「STAR soccer」です。

どういう内容かというと、

STAR soccerは、競技としてのサッカーだけでなく、選手とアーティストとの対談や、クラブが人々の生活に根付いている都市のガイド、あるいは、新たなファッションやグッズを生み出すなど、積極的にカルチャーとの接点を増やしていくことで、より幅広い層へ情報を発信していく。

こんな感じだそうです。サッカーをカルチャーとして捉えた雑誌ということですね。

本気でサッカーが好きな人はサッカーマガジンとか読むだろうし、もう少しライトな層を狙っているんでしょうね。ガチガチのサッカー雑誌じゃないので、いろいろな人が手に取りやすいかもしれません。

編集長は「ロッキング・オン・ジャパン」元編集長の鹿野淳氏だそうです。

■関連記事

楽天、今年1発目の進出はサッカー雑誌 - 「STAR soccer」創刊

「ファッション雑誌でも車雑誌でも、そこに"生き方"を融合している雑誌が多い。ところがサッカー雑誌に関しては、100%サッカーについてだけ語っているものがほとんどなのではないか。サッカーは政治や時代、人の生き死にまで関わっている。それが明確に現れていないのであれば、STAR soccerを通して表現していく」

楽天、ネットと出版を融合した月刊誌「STAR soccer」を創刊

Webおよびモバイル上でもコンテンツを提供する。保管性の高い雑誌に加えて、Webの持つ双方向性とEC(楽天市場)の販売力、モバイルの即時性を組み合わせることで、読者とのコミュニケーションを図る。