ラモス監督 テーマはヴェルディ愛という記事より。

「J1でやりたい選手はすぐに(他クラブに)出してほしい。東京Vへの愛、プライドがある男ならそんなこと言わないヨ。7年でひねりつぶされたクラブを、1年で上げるのはとんでもなく難しい。僕は給料をもらわなくてもいい。家族を捨ててもいいくらいの気持ちで来た」

気持ちは凄く分かるんですが、ちょっと言い過ぎな感じも。でも、そのくらいの心構えということなんでしょうね。

「ACLは忘れていたよ。すごい試合数。選手がそろわないとしゃれにならない。(世界クラブ選手権)トヨタ杯には出たいけど僕もバカじゃない。リーグの方が大事」

出場を辞退するというのはあり得ないですか。レッズの柱谷コーチまで連れていっちゃって。

■関連記事

ラモス新監督会見、都並氏もコーチ就任

「ヴェルディのことを誰よりも愛していると思っている。チームが負け続けていた時は、自分の中にグリーンの血が流れているんじゃないか、と思うくらい気になっていた」

ラモス監督 テーマはヴェルディ愛

前仙台監督の都並ヘッドコーチ格の就任も発表された。現浦和の柱谷哲コーチ、現育成担当の菊池GKコーチ、元日本代表フィジカルコーチのフラビオ氏の招へいも近日中に発表される見通し。