反町新潟監督辞任 後任は鈴木監督という記事。

新潟の反町康治監督(41)が今季限りで辞任することが27日、明らかになった。28日に正式発表される。クラブ側は6年目となる来季も続投を要請していたが反町監督の辞意が固いことから説得を断念した。

J1へアルビレックスを引き上げた反町監督が退任することが決まったそうです。クラブ側は続投を希望したそうですが、さすがに6年目にもなるとマンネリ感が漂ってしまったのでしょうか。

反町監督は以前から「監督には賞味期限がある」と長期政権に難色を示し、今シーズン中にも知人に「辞めたい」と漏らすなど、早くから辞意を固めていた。

J1残留はしているものの、もう一つ上を目指すには、監督自身が交代しなければ、という思いがあるのかもしれません。知将というイメージのある反町監督なので、ここらでもう一度勉強したいという思いもあるのでしょうか。

ということで、今週末の浦和レッズ戦が最後の試合になります。サポーターも選手も気合いが入るでしょうが、われわれも優勝するためには負けられません。良い試合にしましょう!

チケットが入手できれば新潟に向かいます!

■関連記事

新潟の反町監督が退任へ

反町監督は01年に、当時J2だった新潟の監督に就任。3年目の03年に1位となり、J1初昇格を果たした。J1では昨季が10位。今季は1試合を残して12位で、残留を決めている。