川崎F相馬が今季限りで引退という記事より。

川崎Fは10日、元日本代表MF相馬直樹(34)が今季限りで現役を引退すると発表した。

元鹿島、現川崎の相馬直樹選手が今季限りで引退するそうです。鹿島の黄金時代を築いた一人として記憶に残っています。

相馬は1994年に早大から鹿島に入団し、00年度の3冠を含む4度のリーグ年間優勝などを手にした。東京Vでもプレーし、昨年J2だった川崎F入り。J1通算286試合、10得点。代表では98年W杯フランス大会など59試合に出場して4得点を挙げた。

素晴らしい経歴ですよね。そんな相馬も、もう34歳。お疲れさまでした。

■関連記事

仏W杯戦士 相馬が今季限りで引退

02年に東京V、03年に鹿島に戻り、04年から鹿島の元コーチ・関塚監督が指揮する川崎Fでプレーしていた。