千葉オシム監督の評伝発売へという記事へ。

千葉をナビスコ杯優勝に導いたオシム監督の評伝が発売されることが6日、分かった。タイトルは「オシムの言葉 フィールドの向こうに人生が見える」。

旧ユーゴの民族問題などを追い続けてきたジャーナリストの木村元彦氏が著者だそうです。

オシム監督はもともと有名人でしたが、日本ではあまり知られた存在ではなかったと思います。しかし、少ない強化費でジェフを育て、ついにはナビスコ杯で優勝を成し遂げました。育成の大切さを示しましたね。

どんな人物なのか興味あるので、この評伝は読んでみたいと思います。できればオシム語録も収録してくれると嬉しいなぁ。