カズがシドニーへレンタル移籍します。

J2横浜FCの元日本代表FWカズ(三浦知良、38)が、シドニー(オーストラリア)へ期限付き移籍する。横浜FCの坂本寿夫副社長が3日、「まだサインはしていないが、大筋で合意しており、ひっくり返ることはない」と話した。

世界クラブ選手権に出場するために、カズがオーストラリアのシドニーにレンタル移籍です。監督は日本でもプレーしていたリトバルスキー。

2005年11月7日から2006年1月まで、主に世界クラブ選手権のために移籍するといっても過言ではありません。

奥寺GMが「政治的」と発言していたように、日本のクラプチームが世界クラブ選手権に出場できなくなったことも裏では関係しているのでしょうが、それでもカズが世界の檜舞台で見られるというのは嬉しいことですね。実際に、横浜FCの観客動員も増えているということです。

カズが海外のクラブでプレーするのは、ブラジル、イタリア、クロアチアに次ぐ4カ国目となる。

かつてのパイオニアではなく、まだまだパイオニアという感じです。

■関連記事

“シドニー・カズ”4日緊急発表

横浜FC側が他選手、関係者への動揺を配慮したもので、正式契約を待たずに異例の緊急発表に踏み切った。