カズ、横浜FC移籍へ前向き回答という記事より。

今季2度目の監督交代で神戸の指揮を執るパベル監督の構想から漏れ、最近5試合ベンチ入りメンバーから外れていたカズに対し、J1昇格を目指す横浜FCが獲得を申し出た。

カズが横浜FCに移籍か? というニュース。

記事によれば既に横浜FCは、カズに対してオファーを出しているそうで、本人から前向きな回答も得ているそうです。

今シーズン、最初こそ先発で出場していたものの、度重なる監督交代から出場機会もなくなり、主将も三浦淳に譲っていました。チーム事情も良くないですし、出場機会を求めての移籍、となるのでしょう。

カズほどの選手がJ2へ? と思う人もいるかもしれませんが、カズのスタイルを考えると、本当に動けなくなるまでプレーする場所があればサッカーを続けるのではないかと思います。カズの経験とプロ意識は、J2では貴重なものになるでしょう。

横浜FCをJ1に昇格させるという、新たな目標の元で頑張って欲しいところです。

逆に神戸は監督が定まらない、選手が流出しているという印象が否めないですね。程々の予算で運営したいのなら、それなりのチーム作りをしないといけませんね。千葉のように。

たったひとりのワールドカップ―三浦知良、1700日の闘い

たったひとりのワールドカップ―三浦知良、1700日の闘い

■関連記事

カズが横浜FCに近日中に移籍へ

94年には日本人選手で初めてセリエAのジェノアに移籍。その後、クロアチア・ザグレブなどに所属した後、99年から京都、2001年から神戸でプレー。日本代表としては91試合に出場して歴代2位の通算56得点を記録している。