エメルソン カタールリーグ移籍という記事より。

浦和のFWエメルソン(23)がカタール強豪アル・サードにJ史上最高の総額33億円で電撃移籍することが11日、決まった。

浦和レッズからカタールのアル・サードに電撃移籍したエメルソンの移籍金は推定11億円だったそうです。

去り行く男は偉大な“遺産”を残した。「この移籍は成功だと思っている」と浦和幹部が指摘した巨額移籍金。「レッズにも条件の一番いいクラブを選んだ」とエメルソンに近い関係者は話した。

川崎フロンターレからの移籍金が3億円だったので、クラブとしては万々歳の移籍だったと言えるでしょう。少なくとも3億円以上でなくては放出しなかったでしょうし。

クラブも交渉した上で、エメルソンに伝えられ、最終的に決断に至ったとのこと。遅刻癖や調整不足による不振なども放出の要因になっているそうです。

もうエメは行ってしまった訳で。それよりも、次にどんな外国人選手を獲得するか、の方が重要な訳で。明日にはまた試合がある訳で。

「レッズにも条件の一番いいクラブを選んだ」という言葉を信じたい。最後にサヨナラを言いたいと思ったけれど、次はACLで会おうじゃないかエメよ。

■関連記事

エメルソンが電撃移籍!!7億7000万円でカタールに

「エメが抜けたのは本当に痛い。時間もないが2、3人目に留まる選手はいたので早くしないといけない」とブッフバルト監督は、新外国人FW獲得の大号令。