旅行代理店 W杯チケットゲット作戦という記事より。

ドイツ大会のチケットは12会場で計337万枚用意される。しかし、日本代表の試合をドイツで観戦するには、いくつもの高いハードルがある。

サッカー日本代表のW杯出場が決まり、よっしゃードイツ行くー! と心に決めた人も多いかもしれません。JTBは日本から2万人程度が行くと予想しているそうです。

ただ、日本戦のチケット入手は困難になりそうと記事。FIFAウェブサイトから販売された「TSTチケット」は既に完売。「TSTチケット」とは「日本の試合をグループリーグ3試合から最大で決勝までの7試合観戦できる」チケットだそうです。

2次販売、3次販売に注目が集まっているとのことですが、組み合わせ抽選後に購入できるのは3次販売で、事実上購入するのは3次販売分。しかし、3次販売は抽選になるため、確実に手に入れられるかどうかは運次第だそう。さらに「英語やドイツ語で説明されるネット上の購入手順の解読に戸惑う人も多いとみられ、個人でチケットを入手するのは骨が折れそうだ」とも。

1998年のフランス大会では旅行代理店にチケットが割り当てられましたが、今回はそういった対応がなく、旅行代理店もチケット入手に手を焼いているんだそうです。「あらゆる手段を使って確保」と言われているそうですが、一体何人くらいの人が安心してドイツに向かえるんでしょうか?

■関連記事

ワールドカップ チケット ガイド

公式サイトのTSTチケット抽選はずれた、、。日本代表をドイツで応援したい!
まだチャンスはあります。