マルセイユ浩二、戦力外かという記事より。

日本代表のMF中田浩二(25)に対し、所属するマルセイユが戦力外通告を行う可能性があると、30日付のフランス紙レキップが報じた。

「マルセイユ浩二」って‥‥芸人みたい。

それはさておき、トルシエ監督に請われ、クラブに迷惑をかけサポーターに悲しい思いをさせてまで旅だったと思われる中田浩二なのですが、トルシエ監督が今季限りで退任することを受け、放出される見込みだそうです。

「2月の加入以来、5試合361分に出場しただけで終盤はベンチ入りもままならなかった」ということで、言葉は悪いですが、トルシエの話題作りに利用されてしまったのではないか、とも思えてしまいます。

クラブ側は移籍金をゼロにし、中田側に移籍先を探させる提案をするということで、このままだとヨーロッパでプレーを続けるのは難しいかもしれません。

海外でプレーできるのは凄いことだと思うんですけど、行くだけ行って、そのまま試合に出られないというのはその選手にとっては幸せではないような気がします。良い経験になった、と前向きに考えられるなら良いのかも知れませんが。