フェイエノールト 小野放出 資金不足…移籍金10億円で選手獲得というニュースより。

オランダ1部フェイエノールトがMF小野伸二(25)の放出を決めたことが17日、明らかになった。同国のアルハメン・ダハブラッド紙はフェイエノールトが小野の移籍金を資金源として、来季のチーム編成を考えていると報じた。

伸二にしてみれば、ちょうど良いタイミングですし、良い話だと思います。オランダはあくまでもステップで、きちんと実績を積むことができましたから、次はイングランドなりスペインなりに移籍できれば良いのではないでしょうか。

選手を育て、高く売る。これもまた、クラブチームの運営手法ですね。10億円と言われる移籍金があればまた、若くて良い選手が何人も取れるでしょう。

フリット監督も常々「フェイエノールトは即戦力の選手を買うことができない」と資金不足を嘆いている。小野の移籍金は貴重な資金だ。今後の焦点は、大金を払って小野を買うクラブが現れるかどうかだ。今季の小野は足のけがに苦しみ、戦列を離れる期間が多かったため“商品価値”は下がっているといわれる。