平和も愛するサポーター 「レッズ&ピース」が発足という記事より。

「サッカーを愛するように平和も大切にしたい」―。Jリーグ浦和レッズのサポーター有志が四日、レッズと憲法九条をともに語る団体「REDS&PEACE」(レッズ&ピース)を立ち上げた。

浦和レッズと政治的な運動を絡めたこの団体に、浦和レッズの一部サポーターが反発しています。「会の旗を作りスタジアムで掲げる予定」の行では、スタジアムに思想を持ち込んでくれるな、という意見が。

憲法九条を守る運動を、果たして「浦和レッズ」と絡める必要があるのかどうか。確かに疑問ではあります。

大野さんは「私は憲法九条の営業マン」と言ってはばからない。「九条を大切に思うのは当たり前のこと。団塊の世代として、次の若い人たちに平和をつなぎたい」

■関連記事

レッズを絡めてのこういう活動は如何なものか、勢太郎氏

勢太郎さん、お願いだから俺の愛するレッズを道具に使うのは辞めてくれ。