神戸監督に前甲府の松永氏就任だそうです。

神戸の来季監督に前甲府監督の松永英機氏(41)が就任することが20日、正式決定した。この日、三浦チーム統括部長が明言した。決定的だった横浜FCリトバルスキー前監督とは最後の詰めの段階で戦力補強や松永氏のヘッドコーチ入閣問題が解消されず決裂。来季編成のリミットもあり結局、松永氏の「繰り上げ」で新監督問題は落着した。

トルシエ、リトバルスキーで賑わった神戸の監督問題ですが、最終的には「繰り上げ人事」で決まったそうです。選手も流出しているという話も聞きますが、大丈夫か神戸。

三木谷社長は楽天の社訓として成功のコンセプトの1つに「スピード、スピード、スピード」を掲げているけれど、異例のドタバタを繰り返し約3カ月もかかって監督が決まったと軽いジャブの記事。

こういうのを見ていると、ちょっと野球も心配になりますね。

■関連記事

神戸新監督に松永英機氏

18日のリトバルスキー氏との交渉決裂を受け、クラブはヘッドコーチに予定していた同氏に監督就任を要請。「サッカーに対する情熱、データ分析など、トータルでバランスのある監督。選手とのコミュニケーションもしっかり取れるだろう」と同統括部長は期待を寄せた。