マラドーナ復活の“出来ちゃった婚”20歳女子大生とだそうですよ。

アルゼンチンのオレ紙によれば、マラドーナは療養中のハバナから5日に帰国し、15日間アルゼンチンに滞在する予定。帰国の目的は、長女の高校の卒業式への出席と、ハバナで知り合った歯科大学生の女性を家族に紹介するためだという。

長女の卒業式に出席しつつ、新しい奥さんを家族に紹介するというのはマラドーナらしいのかどうなのか。凄いです。

マラドーナは離婚したクラウディア夫人との間に2女をもうけたほか、ナポリ在籍時代に地元の愛人との間に男児が生まれ、93年に裁判の末に認知した。そのマラドーナJr.(前ナポリ)は、イタリアのユース代表にも選ばれたことがある。

まだキューバで麻薬中毒の治療を続けているということで、そこで知り合ったんでしょうかね。

20世紀ワールドカップヒーローズ

20世紀ワールドカップヒーローズ