“ジーコ案”全会一致で否決されたそうです。

ジーコ監督が明らかにしているW杯1次予選最終戦シンガポール戦(11月17日、埼玉)の選手招集方法について説明したが、各クラブから反対意見が続出。ある強化担当者は「各クラブとも次につながるための選手選考をお願いしたいということで一致している。議論にもならなかった」と全会一致でジーコ監督案を“否決”したことを明らかにした。

Jリーグ強化担当者会議での一幕だそうです。カズが代表復帰!? ジーコの仰天プランという記事でもお伝えしていた通り、かつて日本代表に貢献した選手をある意味消化試合となったシンガポール戦に招集したい意向を示していたのですが、各クラブからは反対意見が噴出。全会一致で“否決”されたそうです。

ジーコの心意気は嬉しいですけど、あまり現実的ではなかったか。それともブラジルと日本のフットボールカルチャーの違いなのか。

2日に再来日するジーコ監督に田嶋委員長が事情説明を行うが、考え方には隔たりがあり、話し合いは難航必至だ。

ジーコは意外に功労者を大切にしますからね。それが時として実力主義とすれ違ってしまうということなのでしょうか。もちろんカズやゴンも見てみたい気持ちはありますが、それは引退試合として別に組み、シンガポール戦ではこれまでチャンスがなかった選手を起用するべきかもしれません。