鹿島サポーターの気合いの入り方も違う気がする。スタジアムで発煙筒なんて、いつから見ていなかっただろう。10年間に渡り繰り広げられてきた伝統の一戦。浦和からは3,000人を超すサポーターが押し寄せ、まるでホームさながら。王者に君臨してきた者と、王者に挑む者の、意地と意地のぶつかり合い。そして浦和レッズにとっては、優勝への試金石。