カズ・ゴン代表復帰!ジーコ仰天人事という嘘か誠かという記事より。

敵地でオマーンを1-0で破り、W杯アジア1次予選突破を決めたジーコ監督(51)が13日、日本代表に三浦知良(37=神戸)と中山雅史(37=磐田)を復帰させることを明らかにした。カズとゴンだけではない。現役の35歳前後の代表経験者を広く代表に呼び、これに今回のオマーン遠征に間に合わなかった中田英寿(フィオレンティーナ)と稲本潤一(ウエストブロムウィッチ)を加えたジーコ流仰天人事で、11月17日、シンガポールとのアジア1次予選最終戦(埼玉)を戦うという。

えーっ!?

「川淵キャプテンの許可がいる重要事項なんだ。今、言うわけにはいかない」とサプライズの内容に関しては明かしていないようなのですが、それが「現役35歳以上の元代表選手の電撃復帰」なんだそうです。

リストには、カズ、ゴンのツートップのほか、秋田豊(34=名古屋)、名良橋晃(32=鹿島)、相馬直樹(33=川崎)、山口素弘(35=新潟)らフランスW杯組の名前があがっている。

って、もうそんなリストがあるの!?

オマーンでアジア最終予選への切符を勝ち取ったメンバーらは基本的に「呼ぶつもりはない」(ジーコ監督)と、シンガポール戦には招集されない見込みだ。

って、だったら試合に出場していない選手に経験を積ませた方が良いのでは、と思う反面、「彼らがいたから、今の日本のサッカーがある」というジーコの言葉も確かにそういえる訳で、もしかすると実現してしまうかもしれません。ある意味、ドリームチームだなぁ。でも、カズとか「そんなんで呼んでくれるな」とか断ったら凄いですけど。

11月17日は浦和のパブで飲んでいようかな。懐かしい気分の中、歓喜に酔いしれるのも良いよね。

しかし一つ気がかりというか、どうしてももう一度見たいのが、背番号8なんですが‥‥。