浦和、3年連続決勝へ ナビスコ杯という記事より。

後期リーグ戦の首位を快走する浦和。狙い通りの攻撃的でスピーディーな試合展開で、名古屋を一蹴(いっしゅう)したブッフバルト監督は「達也(田中)はトレーニングから調子良く、爆発の予感があった」とご満悦の表情。昨年の覇者に死角は見当たらない。

そうなんですよね。昨日はCATVで自宅観戦だったんですが、達也がハットトリックで名古屋に勝利したんですよね。アウェイの瑞穂競技場にはあまり良い印象がなかった‥‥というか勝てていなかったので多少の不安もあったのですが、全くの杞憂でした。一点返されたものの、常に前線からプレッシャーをかける攻撃的なサッカーができたのが勝因かと。

闘莉王、アルパイ、ネネのディフェンスラインは反則のような気もしますが、高さもあって、リーグ随一の守備ではないでしょうか。ケガ人が多いものの、層の厚さを確認できた気がします。

さて、決勝はFC東京か東京ヴェルディなのですが、ここまで来たら苦手意識のあるFC東京に来て欲しいですね。一気にリーグ戦のリベンジも果たしたいと思います。