神戸イルハン“無断帰国”、勇姿見せられず解雇へというニュースより。

前夜、家庭の事情によるドイツ帰国をクラブに申し入れたが拒否され、この日関西空港から“無断帰国”。クラブは「当然ペナルティーは課す」としており、このまま退団の可能性が大きい。

“目玉”として獲得したイルハンが最悪の結果に。イルハンもイルハンで、最悪の印象を残って去っていく形になってしまいましたね。もうCMの話とか来ないでしょう。

移籍金約5億円、年俸約3億3000万円の2年契約。総額11億円をかけた大型助っ人も、入団約5カ月で公式戦出場わずか3試合でノーゴール。

なんでオゼアスを解雇しちゃったんでしょうね。それなりに活躍していたのに。

この事態を挽回するために、是非前向きな補強をして欲しいところです。前園なんてどう?

■関連記事

イルハン暴挙!無断でドイツ帰国

クラブの数多い規律の中でも“職場放棄”は別格と呼んでもいいくらい罪は重い。「われわれとしては、当然ペナルティーを科す」と小野取締役。少なくとも300万円前後の罰金は確実だ。右ひざのケガの状況を考えれば、今後は契約解除のシナリオも選択肢に入ってくる。

イルハン無断帰国 解雇へ

神戸が帰国の意向をつかんだのは、19日夜。関係者によると、理由は「向こうの家族、妻の問題」というばく然としたものだった。3月下旬から5月下旬までイタリアで行った右ひざのリハビリで振り回されただけに、断固拒否した。