ジーコ方向転換!キャバクラ組戻すそうです。

突然の方向転換には得点力不足が露呈した日本代表の現状があることは明らかで「神様」の追い詰められた現状が浮き彫りになった。

信頼関係が再構築されるまでは処分は無期限だったのですが、ジーコは「本当のプレーぶりを見て良かったら考えたい。前と同じように良かったら選ぶ」と早くも再度招集する可能性があることを示唆しています。呼ばれる選手も使われないのでは、結局やる気は出ないのではないかと思いますが。

ジーコ監督キャバクラ組呼ぶでは川淵キャプテンの「練習を見れば、海外組の存在感が違うのが分かる。国内組と海外組の問題は日本が初めて直面する問題。簡単に決めつけるのはよくない。ジーコはバランスを見ながらやっている」というコメントが紹介されていますが、だとすればこの初めて直面する問題に長けている監督を呼ぶべきでしょう。ジーコを呼んだ本人としては責任問題に発展することは困ると思いますが、手遅れになる前になんとかしないと、本当にヤバイ事態ですよ、これは。

スコアレスドローに終わった韓国では、監督解任の動きが出てきています。

■関連記事

やっぱり再燃、「ジーコ辞めろ」サポーターの声

協会関係者によれば、その内容は「ジーコに任せていられない」「これから協会に石を投げにいく」「もっと若いヤツを使え」といった声が多数を占めた。件数は2月18日のオマーン戦で1−0辛勝したときとほぼ同数で、ほとんどが男性からのもので、女性からの抗議もあったという。