久保ら代表7選手が無断外出し飲酒していたそうです。週刊誌で報じられました。

久保、大久保のほか、MF小笠原満男(24)=鹿島=、MF奥大介(28)=横浜=、MF山田卓也(29)=東京V=、DF茂庭照幸(22)=FC東京=、GK都築龍太(25)=浦和=の計7人が、神栖町の宿舎から無断外出した。

レッズの選手は入っていないでくれ、と思っていたのですが、都築よ‥‥。焼き肉屋に行ったらしまっていて、そのままキャバクラに行ってしまったらしいです。若いですからね、飲みに行ったり発散したいのは分かりますけど、敢えてルールを破ってまで、というのが理解できません。

日本代表は合宿の際、外出を禁じていないが、野見山篤代表部長に届け出て許可を得ることが義務付けられている。ところが、7人は無届け。しかも、キャバクラでは酔った久保と大久保が中心となって他の客に寿司を投げつけたり、女性店員とトラブルを起こしたもようだ。

久保って、ストイックな感じがしますけどね。酔うと暴れるんだって、なんだかイメージが変わりました。大久保はそのままか‥‥。

■関連記事

久保ら代表7選手合宿抜け出しキャバクラ

過去には99年6月、シドニー五輪アジア1次予選のネパール戦後に柳沢が宿泊ホテルを抜け出し、交際中だった女性タレントと深夜まで過ごした事実が発覚。規律違反で登録を抹消されたことがある。

代表7選手 合宿中に無断外出していた!

今後に関し、日本サッカー協会の手嶋秀人広報部長は「まず選手の事情聴取を行い、事実関係を把握したい。もし、100%事実なら、選手に対しては厳重注意を行い、代表選手としての自覚を促すことになる」と話した。

無断外出−飲酒したジーコ・ジャパンの7人は誰だ

関係者によると、長期拘束で精神的疲労を訴える選手も多く、国内組のまとめ役のDF宮本(G大阪)がマレーシア戦翌日の8日を休日にしてほしいと、ジーコ監督に要望したが受け入れられなかった経緯があった。合宿に参加したある選手は「外出したかどうかは知らなかったが、ストレスがあったのは確か」と話す。