トルコの王子様・イルハン神戸移籍です。

Jリーグの神戸が、トルコの「貴公子」FWイルハン・マンシズ(28=ベシクタシュ)を獲得することが29日、分かった。今日30日にも契約が合意に達し、正式発表される。新経営会社「クリムゾンフットボールクラブ(FC)」の豊富な資金で再生を図る神戸は、観客動員アップ策の目玉として02年W杯でブレークしたイルハンに注目。実力はもちろん、人気面での効果は計り知れず、Jリーグ史に残る大型移籍になる。

Jリーグ史に残る大型移籍かどうかは別としても、チームの知名度は一気に全国区までいきそうですね。イルハン見たさに女性サポーターが殺到‥‥するんですか、今でも? 一時期は女性誌でも随分と騒がれていましたが、今はどうなんでしょうか。

しかし、リバウド、バッジオの獲得に失敗したとなっては、目玉選手が欲しい訳ですから、イルハンは正解だと思います。少なくともマスコミをにぎわす話題性は十分でしょう。

やるなー、クリムゾン。浦和レッズとかを見てても思うんですけど、クラブ関係者は決してクラブ経営のプロではないと思うんですね。そういう意味ではクリムゾングループも門外漢である訳ですが、親会社からあまりサッカーを知らない人がくるよりは、マーケティングなどをトータルで見られる専門家が経営に携わった方が良いということは、立証するのではないかと思います。