浦和が三都主獲得!代表両翼コンビ誕生です。

補強の最重要課題だった左サイドが、最高の形で着地した。 ~中略~ 獲得に熱意をみせていたブッフバルト新監督も、関係者に「三都主まで補強できれば、優勝できなければ私の責任」と話しているという。

ほぼ確定だった訳ですが、三都主の移籍が決まりました。三都主の赤いユニフォーム。すぐに慣れると思うけれど、ちょっ想像がつかないですね。記事にもある通り、左右のウィングが日本代表になります。日本代表メンバーは坪井、都築も名を連ねていますから、実に浦和から4人です。信じられない。監督はギドだと、これでDFは完璧でしょう(と、信じている)。

平川を本来の右サイドに戻し、山田はボランチで使うという構想もあるようですね。平川はその方が活きるでしょうし、山田も念願かなってセンターラインでプレイできるので、良いアイデアかもしれません。そうすると、三都主の裏をDFする啓太だろうか。とにもかくにも来るからには応援するのみ、です。

■関連記事

三都主 浦和“3億5000万円”移籍

「僕は清水に育てられたが、成長し飛躍するには、このままの環境では駄目じゃないかと悩み浦和に移籍することにした」