見る方も緊張しています。激しく。主力が抜けバランスを崩している鹿島とはいえ、鹿島ですからね。トニーニョ セレーゾが、なんだかねばっこくいやらしいことしてくるんじゃないかと心配です。チケットも発売から10分で売り切れですから、スタジアムが真っ赤に染まることでしょう。

鹿島セレーゾ監督、攻撃の起点つぶす

セレーゾ監督が相手を分析した結果、攻撃時のほとんどのボールが両ウイングバックから供給されると判断。名良橋(右)と石川(左)をウイングバックに起用し、攻撃の起点をつぶして相手2トップを封じる作戦だ。

そうそう。こういうの嫌なんです。レッズの戦術はサイドを崩してが信条なので、両サイドを抑えられると非常に困る。真ん中から突破して、なんてできそうにないしな。最近は右サイドの代わりに鈴木が上がっていくシーンもしばしばあるので、そういうのがうまく出るといいですが。

浦和FW田中達が帰国、鹿島戦へ右足OK

右足を少し引きずりながらも「足は全然痛くありません。目の前の試合に勝つだけです」と強気の姿勢を崩さなかった。

引きずっているのに気丈なヤツめ。今のレッズは、田中がいないと全く点が取れるにおいがしません。エメルソンだけじゃ突破できないんです。田中かエメに預ければ何かやってくれる、という安心感がありますから、リーグの好調を維持して是非得点を。

ナビスコ杯決勝、浦和あえてボーナスなし

オフト監督は「昨年の経験をもとに決勝を前にして普通に生活をして普通にサッカーをやれている」と、1年前とは違うチーム状態に手ごたえを感じていた。

去年は壮行会したり海外から所属していた選手を呼んだり、確かに舞い上がってました。だって、初めてタイトルに手が届きそうな瞬間だったから。でも、今年は特にそういうのはなしです。いつも通り。こういうのを“経験”て言うんですね。聞くだけでは分からないから、本当に“経験”というやつは貴重です。

個人的には、室井をピッチに立たしてやりたかった。J2時代に鹿島から地元に戻ってきて、C大阪にレンタルされ戦力外になりながらも浦和に戻ってきてくれた室井を。去年は1点先制され、最後は室井がFWとしてポストプレーなんてのもありました。無理だと思うけれど、せめてリザーブでも入れれば、と。とにかく、今年は「忘れ物」を取りに行ってきますよ。