浦和から獲得したアリソンを解雇し、ビスマルクと契約した神戸だが、残念ながら今日の試合には間に合わない。シジクレイをボランチにする荒療治をし、どこまで浦和に対抗できるか。対する浦和はここまで負けなし。勝てば首位の可能性もある。東京を撃破したエメルソンの調子はどうだろうか。下位相手にここは落とせない。駒場は薄曇りで涼しいくらい。

■観戦記

降格争いにあえぐ神戸相手には、完封が一つの課題となった。どうしても詰めが甘く、集中力の欠けたところをセットプレーなどから失点することがどうしても多かった。前半は押される場面が多かったが、その課題はクリアすることができたと言っても良いだろう。しかし、降格争いに苦しむ神戸だけに、攻守ともにちぐはぐな場面が多く見られた。気を吐くシジクレイら守備陣に対し、攻撃は形にならない。交代メンバーとして三浦(泰)、三浦(知)を出さなければならないあたり、まだまだ神戸の悩みは深いといって良いだろう。

対して浦和だが、終わってみれば2-0での完封勝利となった。試合展開的にはあと2、3点取れた場面もあった。ホームだっただけに、あえて欲張りたい。新加入のニキフォロフ、そしてエメルソンの両選手は、はっきり言って「兵器」だ。正確に相手攻撃を摘み取るニキと、どこからでもシュートを狙っていくエメルソンは脅威に違いない。エメルソンの場合、時として持ちすぎとなったり、かなり無理な体勢からのシュートで大きく枠を外すこともあるが、それも一つの結果を出すためのプロローグなのではないかと、今日の得点シーンを見ていて感じた。

日本人選手も、当然のことながら安定してきたといえる。山田、鈴木は代表の疲れが貯まっているのか、今日はミスパスが多かった。その代わりに気を吐いているのが田中達也だ。今の達也はキレている。キレにキレている。もともとドリブルが得意な選手で、一時期ある種封印しているような印象も持っていたが、調子の良い今は仕掛けまくりである。そしてそれが、面白いように相手を翻弄するのだ。今日の1点目も達也のアシストからだった。他にも良いシーンを作っていたのは、やはり達也だ。周りを使うようになったエメルソンと、アシストに徹しようとする田中達也の高速FWの相乗効果が、良い状態を作っているのかもしれない。

そして今回の試合でもう一点良かったと感じるのはメンバーチェンジだ。負傷退場した室井に変えて、長谷部を投入する。長谷部はボランチに入り、それまでボランチだった内舘がストッパーに入りオゼアスをケアする。後半立ち上がりのことだ。いつもだったら、このポジションチェンジでばたついて失点しそうな場面であるが、内舘は落ち着いて仕事をこなしていた。ブーイングの対象になることも多い内舘だったが、後半は渋く仕事をこなしたと言っても良いのではないだろうか。その後は山瀬を下げ堀之内を投入。堀之内がボランチに入ると、長谷部はトップ下に上がる。スムースにポジションを変えられるあたり、チームとしての大きな成長であろう。

テレビ中継で福田からパススピードに関して酷評された長谷部だったが、恐らくその番組を見るなり誰かから話を聞いたのではないだろうか。まだまだ満足はいかないが、改善しようという試みが見られたのは今後に繋がるのではないだろうか。

正直なところ、今はあまり負ける気がしないのである。が、鹿島、名古屋、市原には十分に注意したい。