中田英寿、東ハト執行役員に――社員たちがその胸中を語るという記事より。

しかし、「社員の意識改革のスピードアップを図るには、外的ショックが必要」と考え、自分と一緒に社員を鼓舞し、新生東ハトを引っ張って行く力を外部に求めた。そこで目をつけたのが中田英寿だった。

なるほど、社内的な要因があったんですね。多くは外的な要因だと思っていたんですが。「同姓同名の別人かと思った」人もいるそうですが、そりゃ社内の人は驚いたでしょうね。それに続いて一気に社内のモチベーションが高まったのも想像に難くないですね。

■関連記事

中田が東ハトの役員に

中田選手は6人の執行役員の1人として、月に2、3度開くテレビや電話会議に加わるほか、ネット上で経営方針などを議論。「コーポレートブランド室」を受け持ち、企業の活動規範づくりを手がける。3年契約で報酬は年1200万円。