サッカーの中田英寿が東ハトの執行役員に 再生に意欲という記事。

中田選手は6人の執行役員の1人として、月に2、3度開くテレビや電話会議に加わるほか、ネット上で経営方針などを議論。「コーポレートブランド室」を受け持ち、企業の活動規範づくりを手がける。3年契約で報酬は年1200万円。

月に100万円。もう十分に元は取れたんではないでしょうか。実際にどういう提言を行っていくのか興味がありますね。サッカー選手後の人生を真剣に考えている中田選手ですから、きっと良い経験になると思って引き受けたんでしょう。「広告塔としてのCM出演はせず」ということで、あくまでもビジネスに参画する予定。