Firefoxのタブをツリー形式で表示できるようにする「Tree Style Tab(ツリー型タブ)」という機能拡張がありました。

tree_style_tab_review_2008227_1.png

Better Organize Your Tabs with Tree Style Tab」というエントリーで知りました。

試しにインストールして環境設定を開いてみたのですが、かなりいろいろ設定できるみたいです。

tree_style_tab_review_2008227_2.png

tree_style_tab_review_2008227_3.png

tree_style_tab_review_2008227_5.png

ただ、普通に使う分には基本の設定で問題ないと思います。使っていて気になるところがあれば、設定をいじってみるとか。

実際に使用している画面はこちらです。

tree_style_tab_review_2008227_6.png

アップにしてみます。

tree_style_tab_review_2008227_8.png

タブがツリー形式になっているのが分かるでしょうか。

例えばネタフルからネタを辿ってリンクしていくと、子どもの階層にリンクが開いていきます。つまり、タブとタブの関係性が一目で分かるということです。

WindowsのSleipnirがこの形式で、ニュースをたくさん開いたときに、関連している内容のものをグルーピングするのに非常に便利だったのです。

Safariでも‥‥

tree_style_tab_review_2008227_81.png

「SafariStand」でこのようにサイドバーにタブを表示することができるのですが、これがさらに階層化されると便利だな、と思っていたのです。

そこに「Tree Style Tab」です。これは必要としていた人にはビビッとくる機能拡張ではないでしょうか。

なお、タブは開いたり畳んだりすることが可能です。