スポンサードリンク

至学館大学が栄監督を解任 〜谷岡学長「よくあれで社会を渡ってこれたなと」

スポンサードリンク

至学館大学

レスリングの伊調馨に対するパワハラが認定された至学館大学の栄監督を、監督解任すると谷岡学長が発表しました。レスリング 至学館大学が栄監督を解任へという記事になっていました。

栄常務理事はこの問題が発覚した直後のことし3月以降、公の場に姿を見せていませんでしたが、今月14日、パワハラについて謝罪し、至学館大学のレスリング部の監督については「選手が望むのであれば、どういう形で携わるのがいいかをゆっくり考えたい」などと述べていました。

スポンサードリンク

解任の理由は6月14日から始まった全日本選手権で「選手のセコンドにつこうとしないだけでなく、観客席で応援すると言いながらも友人と昼食を取りに行った」といった反省していないと見られたことだそう。

谷岡学長は記者会見で「最終決断は昨日。2日目の時に、『監督はどこにいる?』と聞いたら、友達とお昼を食べに行っていると。これは駄目だなと。陣頭指揮をとる人のやることではない」と語ったそうです。

「本当に、自分でも言っていたが『俺、子供ですよね』と。子供だったらまだいい。大人だから始末に負えない。よくあれで社会を渡ってこれたなと。本当に“アンバランスの権化”。善人であるのは間違いないが」

谷岡学長と栄監督は一枚岩だと思っていたのですが、日大アメフト部の問題が影響しているのでしょうか。「そもそも伊調さんは選手なんですか?」と自身も子供のようなパワハラをしていた谷岡学長です。

千原せいじ、栄氏との焼肉ランチも解任理由!? デーブ「パワハラミ」とイジるによると、栄監督とランチをしていた1人は千原せいじのようです。

「たまたまです。レスリング協会とお付き合いが深い友達がいて、飯でも食いに行こうかと事前に約束していて、駒沢公園の叙々苑で昼飯食べて、そこに栄監督がいてはった」

ランチくらいは食べに行くとも思いますが、タレントと同席せずに目立たないところで食べるといった配慮が必要でしたね。

選手からも「監督は本当に反省しているのですか?」という声が挙がっており、副学長の吉田沙保里も「仕方がない。至学館のレスリング部、至学館を守るには仕方がない判断だと思う」と語ったということです。

スポンサードリンク

前へ

○野家の実験店?牛若丸(池袋)の新メニュー「鬼ぎつね牛丼」が辛すぎて、鬼退治のはずが返り討ちに合いました

次へ

大阪北部で震度6弱の地震