4063546535

柔道のルール改正が発表され、2017年夏に開催される世界選手権まで試行されることになりました。改正内容は、有効と技あり2度での合わせ技一本の廃止などです。ポイントを稼いでの勝利ではなく、選手が「一本勝ち」を目指す方向でのルール改正となります。柔道ルール改正、「有効」を廃止 男子も試合時間4分にという記事になっていました。

今回のルール改正で、現行3段階ある技の評価ポイントが「一本」と「技あり」の二つになる。2度の「技あり」で認められていた「合わせ技一本」も廃止され、技ありは何度重ねても一本にならなくなる。

「指導」に関しても、これまで4度で反則負けだったところが、3度に減らされるそうです。選手はより積極的な姿勢で試合をしないとならなくなります。

試合観戦をしている側からすれば、より攻撃的な試合が見られるようになれば、柔道人気にも影響してくれるのだろうな、と思います。コツコツと有効を重ねる試合だと、それが面白いという人もいるかもしれませんが、柔道経験がないと分かりにくい部分でもあると思いますから。

男子の試合時間も、5分から女子と同じ4分になります。

新ルール案では両者の技のポイントが並んで4分間を終えた場合は、指導の数の差に関係なく時間無制限の延長戦に入る。

Jリーグのかつてのサドンデスのような感じになるでしょうか。選手はできるだけ4分内で決着をつけたいと思うようになるでしょうね。スピーディーな展開は見ている方は興奮しますが、後は勝負を急いでケガが増えないのか、というところは心配です。