DVDでよくわかるレスリング (LEVEL UP BOOK with DVD)

元レスリング世界王者・山本美憂の長男・佐々木アーセンが全日本ジュニアレスリング選手権のグレコローマン69キロ級で優勝し、世界カデット選手権の日本代表に決定しています。

山本美憂の長男・佐々木アーセンが優勝、日本代表に決定という記事になっていました。

祖父でミュンヘン五輪代表の山本郁栄氏(日体大教授)は「アーセンは相手を持ち上げられる。スピード、タックルも強い」と絶賛し、観戦した叔父のプロ格闘家・山本KID徳郁(CRAZY BEE)も「僕はアーセンが中学2年の頃に吹っ飛ばされてるので。今のままガンガン行ってほしい」とエールを送った。

山本美憂の息子ですから、叔父は山本KID徳郁ということになるのですね。

山本美憂はバツ3なのですが、佐々木アーセンは最初の結婚相手である元浦和レッズ・池田伸康との間の息子です。

エンセン井上と再婚した時に、子供は改名していたのです。そして、2度目の再婚相手であるトリノオリンピック男子アルペンスキー代表の佐々木明の姓に変わり、息子は佐々木アーセンとなっているのですね。

元浦和レッズ池田伸康と山本美憂の息子が全日本ジュニアレスリング選手権で優勝、日本代表に : footballnetにもありました。

山本美憂が エンセン井上と結婚してたときに 改名してアーセン(旧名:怜)になって アルペンスキーヤー佐々木明と結婚して 苗字が佐々木になった 佐々木明と山本美憂は離婚したけど アーセンの苗字は佐々木のまま

なお、カデット選手権はレスリング世界カデット選手権 - Wikipediaによると「カデット世代(16・17歳)のレスリング大会」です。

Jリーガーだった池田伸康と山本美憂の息子であり、レスリング一家に育ったのでしょうから、その才能が開花しているのですね。