「週刊ゴング」出版社が破産 プロレス人気の低迷響くという記事より。

プロレス雑誌「週刊ゴング」をかつて手掛けていた日本スポーツ出版社(東京)が東京地裁から破産手続きの開始決定を受けたことが3日、分かった。

かつて、プロレス雑誌「週刊ゴング」を手がけていた日本スポーツ出版社が破産していたことが明らかになりました。

週刊ゴング - Wikipediaによれば、2007年3月14日発売の1168号(3月28日号)を最後に「一時休刊」となっていました。

ネタフルでも次のようなエントリーを書いていました。

「週刊ゴング」が“3カウント”
「週刊ゴング」休刊へ

元社長の不正により傾き「名前を残した形で他の出版社に買い取ってもらいたい」としていたものの‥‥。

帝国データバンクによると、同社は1968年に設立され、格闘技や野球の関連誌などを発行。96年に年間売上高約28億円を計上したが、プロレス人気の低迷で雑誌の販売が伸び悩み、2007年、当時の社長が不祥事で逮捕されるなどして事業を停止していた。

かつては知り合いの多くがプロレス雑誌を読んでいる、なんていうこともあったのですが。振り返れば小学生時代はみんな“プロレスごっこ”とかしてましたね、そういえば。

またプロレスが輝く時代はやってくるのでしょうか。

武藤敬司 デビュー25周年記念DVD-BOX プロレス界の至宝~その栄光の軌跡1984-2009~

B002DXU5IY

子殺し 猪木と新日本プロレスの10年戦争 (単行本(ソフトカバー))

4796669876