三沢さん母校のユニホームがエメラルドにという記事より。

13日の広島大会の試合で亡くなったプロレスラーでノア社長の三沢光晴さん(享年46)の母校、栃木・足利工大付レスリング部が、来年度にもユニホームの色をエメラルドグリーンに変えることを検討中であることが、23日までに分かった。

リングで命を落とした三沢光晴の母校・足利工大付のレスリング部が、来年にもユニホームの色を“エメラルドグリーン”にすることを検討しているそうです。

“エメラルドグリーン”といえば、三沢光晴のイメージカラーです。「エメラルド・フロウジョン」という技もあるくらい。

この“エメラルドグリーン”が、母校の後輩達に引き継がれるという、良い話。

「偉大なるOBの遺志を継ぐという意味で、学生たちのモチベーションも上がる。来年度は検討したい」と監督。

週刊プロレス増刊三沢光晴追悼号 2009年 8/1号 [雑誌] (雑誌)

B002DQFVRG

■関連エントリー

プロレスラー三沢光晴、死去
三沢光晴、死因は「頚髄離断」