ノブ・ハヤシ「急性白血病」で休養へ/K-1という記事より。

1月から入院していたK-1で活躍中の格闘家、ノブ・ハヤシ(30)の病名は「急性白血病」であることを所属する「ドージョーチャクリキ」が13日、公式サイトで公表した。

格闘家のノブ・ハヤシが入院していたことは知らなかったのですが、所属している「ドージョーチャクリキ」から病名が「急性白血病」であることが発表されたそうです。

Chakuriki Japan

2009-03-13_1744.png

広報部ニュース」に「ノブ ハヤシの入院について」が伝えられています。

今年1月より、ドージョーチャクリキ・ジャパン館長、ノブ ハヤシが緊急入院および加療に専念しておりましたが、その病名が「急性白血病」であることを、ここに公表いたします。

このことから、ノブ・ハヤシが館長を務めている江東区塩浜のドージョーチャクリキ・ジャパンは2009年4月末をもって休館することになっています。

ノブ・ハヤシのコメントです。

「この度の疾病、入院は僕自身にとって、あまりにも突然のことで、関係各所に様々なご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。担当ドクターとも相談いたしましたが、今年一年は治療に専念することになります。長期の治療は大変なものになると覚悟はしておりますが、『前へ前へ』というチャクリキ魂を胸に、必ず病気に打ち勝ち、再びリングの上で闘うことを心に誓って、治療に専念しようと思っております。また、僕の不在中にも所属プロ選手たちが、チャクリキの看板を背負い頑張ってくれる事を信じております。必ずノブ ハヤシはリングに戻ります。心配をお掛けしておりますご関係者やファンのみなさん、待っていてください」

元気になってリングに、戻ってきて欲しいですね。