アメヲタ長島「衝撃与えた」/K-1という記事より。

アメヲタ戦士の長島☆自演乙☆雄一郎(24=魁塾)は流血で準決勝敗退したが、初陣ながら見せ場はつくった。HAYATOとの1回戦で早々に右まぶたをカットしたが、2回にパンチで2度ダウン奪ってKO勝ち。

たまたまテレビで見ることができたのですが、奇抜なファッションだけでなく「長島☆自演乙☆雄一郎」は本当に実力も持っている選手でした。1回戦はHAYATOにKO勝ちしましたからね。

残念ながら準決勝では1回戦でカットしたまぶたからの出血が止まらずにドクターストップになってしまったのですが、このままいくと‥‥という展開でもあった気がします。

少し離れたところから踏み込みながらの右ストレートが非常に特徴的だったのですが、これが「自演砲」でしょうか。相手からすると見えにくいパンチだったようですね。面白いように当たっていました。

止められたのは仕方ないが、やらしてほしかった。でも楽しかった。70点」と「長島☆自演乙☆雄一郎」はコメントしています。ぜひ、また見たいですね。

会場にカメラが向くと、ハルヒコスプレした男性たちも応援していましたね。

その後のブログでは「ごめん」というエントリーが。

3パターンの入場つまり優勝を目指してた訳ですが準決で一回戦のバッティングの傷が開いてTKOで負けました

「最後まで打ち合えないってめっちゃ悔しい」とも書かれていますが、確かに本人としては「やれる」という感触があったのでしょうね。それだけに「また見たい」という気持ちが強いです。

全く顔は腫れず バッティングの瞼だけが唯一の怪我」だったということです。

■関連エントリー

コスプレ格闘家「長島☆自演乙☆雄一郎」K-1対戦相手決まる
「長島☆自演乙☆雄一郎」必殺パンチ「自演砲」で相手を“プギャー”