電通マン大渡K1・2戦目我龍戦対策練るという記事より。

23日の「K-1 WORLD MAX 2009」(代々木第1体育館)でK-1・2戦目となる大手広告代理店・電通の営業マン大渡博之(32=正道会館)は4日、仕事の合間ということでスーツ姿のまま会見に臨んだ。

電通の営業マンにしてK-1ファイターの大渡博之が「K-1 WORLD MAX 2009」に出場しますが、その相手が我龍真吾に決まっています。

デビュー戦の時はこんな感じでした。

電通営業マン「K-1」に合格
「戦う電通マン」スポンサーはコカ・コーラ

ちなみに、我龍真吾は元ヤンキーだそうです。元ヤン我龍がエリート電通マン大渡倒す!に詳しくあります。

95年に上下白の作業服で歩いていると、地下鉄サリン事件後だったために警察官に不審者と間違われた。口論の末に殴って骨折させてしまい「20歳を超えたら格好悪いしできない」と、けんかをやめた。

その後、キックボクシングと出会い格闘家への道を歩むのですが、既に離婚を3回経験し、子供は8人もいるのだそうです。仕事に練習に育児に「忙しいなんてものじゃないですよ」と笑っています。

K-1では3連敗中ということで、子供たちのためにも、お父ちゃんが頑張らないといけないですね。詳しく知りたい方は我龍真吾 - Wikipediaでどうぞ。実はいい人みたいです。

■関連記事

電通マンVSヤンキー!K―1で異色対決

大渡は「仕事が忙しくて練習する時間はあんまりないけど、自分は空手の王者。簡単には負けられない」と会見を終えると、すぐに会社にUターン。

元特攻ヤンキーが電通サラリーマンと激突

少年時代からケンカに明け暮れ、警察官の胸骨を殴り折って捕まったことも。18歳で結婚し、今はバツ3。中学2年の娘を頭に8人の子供の面倒を見る。生活費を稼ぐためにも、早大卒のエリートには負けられない。

23日電通マンVs元暴走族/K-1

昨年7月のKO勝利以来2度目のK-1出場の大渡は「ビッグネームの王者とやれるのは、ボクが格闘家として認められた証拠。倒します」と語気を強めた。