石井 UFC参戦を表明「世界最高峰で一番いい」という記事より。

プロ格闘家に転向した柔道男子100キロ超級の北京五輪金メダリスト石井慧(22)=国士大=が19日、来年に米国の総合格闘技団体「UFC」に参戦することを明らかにし、「世界最高峰で一番選手層が厚く、ルールが少ない。一からやるには一番いいかな、と思った」と話した。

いきなり行ってしまうんだ! 海外に!

ということで、石井慧フリーダムがアメリカの総合格闘技団体「UFC」に参戦することを明らかにしました。てっきり日本の団体だと思っていたのですが、さすがフリーダムです。

しかも「3月ぐらいには決めていた」って。

さらに「大学はほぼ卒業できない。あきらめました」と単位が足りないことも明かしています。大学側も「卒業生」にならないと、やきもきしたりするのでしょうか。

ここまでの石井慧フリーダムです。

石井慧フリーダム、ロックポーズで「うそつきは政治家の始まり」
石井慧フリーダム、全柔連がテレビ出演をストップ
石井慧フリーダム「怒るんだったら呼ばないで」
石井慧フリーダム、金メダルを「小川道場」に寄贈
石井慧フリーダム、格闘家転向して大晦日デビュー!?
石井慧フリーダム、総合格闘技に転向か?
石井慧フリーダム「今は卒業を第一に考えている」
石井慧フリーダム、天皇陛下に「ロンドンは目指しません」
石井慧フリーダム、大晦日「Dynamite!!」のリングにあがる?
石井慧フリーダム、強化指定選手の辞退届提出→プロ格闘家へ
石井慧フリーダム、プロ転向を正式表明
石井慧フリーダム、個人事務所「Twill33」設立

石井訓

石井訓

■関連記事

米UFCへの参戦を表明…総合格闘技転向の石井選手

石井選手は北京五輪優勝後の11月に「総合格闘技が一番強いと思っているので行きたかった」と話し、日本の五輪柔道金メダリストとして3人目となるプロ格闘技転向を表明。所属団体は未定だった。

来秋初陣だ!石井 渡米即UFCと契約も

一時はDREAMサイドと交渉し、大みそかの「Dynamite!!」参戦へ傾いたが、石井本人が「昔からの夢でUFCが最高峰。(ひじ打ちありなど)ルールの制限が少なくていい」と最終的に夢だった米国進出を決意した。

「UFC」と年内契約も、石井「まず1勝」

オクタゴンと呼ばれる8角形の金網の中で闘う「UFC92」(ラスベガス、日本時間28日)に招待され、観戦するため26日に米国へ出発する。

石井「柔道がどんな競技か忘れました」

都内で行われた映画「チェ28歳の革命」「チェ39歳別れの手紙」の会見のサプライズゲストとして登場し、「人生は革命の連続。自分も、柔道も金メダルも捨てました。どんな競技か忘れました」とうそぶき、詰めかけたファンを笑わせていた。