辰吉、タイでも試合不可能にという記事より。

所属ジムから引退勧告を受けるなど、国内では試合ができない元プロボクシングWBC世界バンタム級王者の辰吉丈一郎(38)が10月下旬にタイで行った再起戦を主催したプロモーターのアンモ氏が3日、今後の辰吉の試合開催について「日本ボクシングコミッション(JBC)の考えを尊重する」と話した。

タイでの再起戦を果たした辰吉丈一郎だったのですが、JBCがタイのプロモーターと会談をして、今後はJBCの許可なく試合を組まない、ということになったそうです。

ようやく「タイでボクシングができる!」と喜んでいた矢先の出来事に、辰吉丈一郎は何を思うのでしょうか。

辰吉の義兄で今回の再起戦の交渉役を務めた徳丸俊逸氏は「タイ側から何の連絡もない。それがないと対応も考えられない」と話すにとどまった。

JBCとしては、辰吉丈一郎の健康面を心配して、ということなのですけどね。

丈―辰吉丈一郎の軌跡

丈―辰吉丈一郎の軌跡

無敵―わたしはリングに上がらない辰吉丈一郎

無敵―わたしはリングに上がらない辰吉丈一郎

■関連記事

辰吉、タイでも試合ダメ

辰吉の健康面を懸念し、遺憾の意を表明していたJBCは、2日にアンモ氏と会談。今後はJBCの許可なく辰吉の試合を組まないことを確認したという。