ベストセラー狙う!石井家監修で語録本という記事より。

総合格闘技に転向する北京五輪の男子柔道100キロ超級金メダリスト石井慧(21)の半生を描いた語録本が出版されることが2日、分かった。石井本人と両親の義彦さん・美智子さんが監修協力した「石井訓(いしいくん)」(光文社)で13日に発売される。

プロ転向を表明したばかりの石井慧フリーダムに、今度は半生を書籍化という話が持ち上がりました。

家族がプロ転向に反対しているという話もあったのですが、11月13日にも発売されるという、なんたるタイミング。

「負けることは死を意味する」「屁のツッパリにもなりません」などの型破りな語録の数々を石井本人が解説。1日8時間の猛勉強で有名私立中にお受験したこと、中学で始めた柔道は負けてばかりでいじめられていたことなど、知られざるエピソードを披露。

石井訓」として「石井家の子育て家訓」も紹介されるということです。

書籍だけでなく、テレビ出演などでも忙しいみたいですね。

会見当日のこの日は、先月末に収録した「SMAP×SMAP」がオンエアされ、来週にはフジテレビ系の「とんねるずのみなさんのおかげでした」内の「新・食わず嫌い王決定戦」の収録をすることも決定している。

年末年始はきっとテレビに出まくりでしょうね、石井慧フリーダム。

石井訓

石井訓