アテネ銀・泉が総合格闘技へ 「戦極」参戦有力という記事より。

2004年アテネ五輪柔道男子90キロ級銀メダリストの泉浩(26)=旭化成=が総合格闘技に転向する意向であることが30日、分かった。関係者によると、11月中に全日本柔道連盟に強化指定の辞退届を提出し、来年1月にもプロデビューする可能性がある。

格闘技ワールドでは石井慧フリーダムのプロ転向で話題が持ち切りでしたが、サクッとアテネオリンピック柔道銀メダリスト・泉浩も総合格闘技に転向するようです。

泉はアテネ五輪で2位となり、05年の世界選手権で優勝した。北京五輪も活躍が期待されたが、2回戦で敗退した。

やはり北京オリンピックで一緒に戦ったものとして、石井慧の動向は気にしていたのでしょうか。吉田秀彦が所属する「戦極」への参戦が有力視されています。

アテネ銀の泉がプロ転向1・4戦極参戦へという記事によれば、

交渉がまとまり、プロ転向が正式決定した場合、デビューは来年1月4日に開催される戦極のニューイヤーイベントが濃厚。

ということで、早ければ年明けにもデビューするようです。

■関連記事

泉が総合格闘技へ転向 アテネ五輪柔道「銀」…戦極が有力

柔道界からは北京五輪男子100キロ超級金メダリストの石井慧(国士舘大)も総合格闘技転向が濃厚で、人材が相次いで流出することになる。

石井より先に…泉がプロ格闘家へ転向

「現段階で泉選手と接触はしていませんが、吉田秀彦の明大の後輩ということもあり、本気で総合格闘技をやりたいのであれば、戦極にぜひきていただきたい」

泉戦極デビュー戦はアテネ決勝雪辱戦有力

戦極側はアテネ五輪同級金メダリストのズラブ・ズビャダウリ(27=グルジア)と水面下で交渉中で、関係者は30日に総合格闘技史上初の金銀メダリスト対決の可能性を示唆した。