石井プロ格闘家転向!大みそかデビューへという記事より。

北京五輪柔道男子100キロ超級金メダリストの石井慧(21)=国士大=が、プロ格闘技界へ転向する決意を固めたことが4日、明らかになった。本人が親しい関係者に話した。デビュー戦は大みそかになる模様だが、現在も水面下で激しい石井争奪戦が繰り広げられている。

スポーツ報知が、柔道の石井慧がプロ格闘界へ転向する決意を固めた、と報じました。ごく親しい関係者に「プロの格闘技の世界に行きます」と伝えた、と。

「K―1、戦極などの団体の中で、契約金1億円(推定)を用意するDREAMが一歩リードしている模様だ」とけっこう具体的な団体名まで出てきています。

柔道に対する愛着は強いが、5日の世界団体選手権など五輪後も大会が続くことに繰り返し不満を漏らしていた。先月は、あこがれの格闘家・ヒョードルとの初対面も計画されたが、全日本柔道連盟からストップがかかり消滅。

フリーダムですからね、いろいろ規制されることを好んでいないのは確かだと思いますが、本当に格闘家転向するんですか?

と思ったら「(プロ転身を決断した発言は)言ってないです。プロになる気はないです」と早速、否定しています。とはいえ、火のないところに煙は立たないと申しまして、どこかでリップサービスしていたりして?

「恩義とか大義とかではなく、自分を高めるという意味で柔道を選ぶか、報道されたような道を選ぶのかは、本人が決めること」と全日本男子の斉藤仁監督。

■関連エントリー

石井慧フリーダム、ロックポーズで「うそつきは政治家の始まり」
石井慧フリーダム、全柔連がテレビ出演をストップ
石井慧フリーダム「怒るんだったら呼ばないで」
石井慧フリーダム、金メダルを「小川道場」に寄贈