八百長!大麻!サク裂“若ノ鵬爆弾!”という記事より。

大麻取締法違反で逮捕され、日本相撲協会を解雇された元幕内・若ノ鵬(20=本名・ガグロエフ・ソスラン)が29日に都内で会見を開き、八百長報道で協会と係争中の週刊現代側の証人になる意向を明らかにした。

元若ノ鵬「八百長」告発へということでお伝えしていましたが、元若ノ鵬が八百長告発の意向を記者会見しています。

そこで語られたのは‥‥

「16歳で日本に来て、やっと幕内に上がれたと思ったら、いきなりアンフェアな取組を強いられ、お金を渡されました。それを断ったりすると“かわいがり”をするぞと言われました」
「吸っていないと言っている露鵬、白露山を解雇したにもかかわらず、本当に大麻を吸っている力士や親方には何の処分を下さないのはどういうことなのか」

数々の爆弾発言が繰り返されたみたいです。

相撲に戻りたいはずなのに、絶対に戻れなくなるようなことをどうしてやっているのかな‥‥と思っていたのですが、そこはお国柄の違いがあったりするのでしょうか。

で、実は、東京地裁に解雇処分の撤回と元若ノ鵬の地位保全を求めていた宮田眞弁護士は全く知らされていなかったそうです。

「何のつもりでこんなことをやったのか。私が配慮していたことが全部つぶされてしまった」と怒っています。

宮田弁護士によれば、既に仮処分申請も済ませ、手順を踏んで復帰を求めていく方針だったという。しかし、会見を知ったのは前夜。本人に連絡がついたのは会見の直前だった。「会見を開くなら私は引くぞ」と言うと、元若ノ鵬は黙り「もうやめられない」と言ったという。

「お金に困っていたからなあ」という関係者の話も。

元若ノ鵬の代理人、八百長会見「寝耳に水」によれば「本人は、会見をすれば相撲協会に早く戻れて地位確認を求める訴訟にも有利になると誤解して」いるみたいです。

八百長認めた!元若ノ鵬が暴露連発、大麻力士や親方他にもいるによると、

元若ノ鵬に近い関係者は相撲界浄化が目的ではないと指摘。「すべては金です。先週の金曜日に現代の編集長と若ノ鵬が会って出廷が決まったようだ」現代側が謝礼を払い証人を頼んだ―との見方を示した。

ということで、一説には1,000万円以上を支払ったのでは、とする声も。そして、元若ノ鵬の預金はもう20万円くらいしかないのだとか。

釈放後に「日本の知人らが、せん別を渡す代わりにロシアへ帰国することを勧めたが、それを拒否」したそうで、もう行くところまで行くしかないのでしょうか。

■関連記事

「現在の相撲協会は汚い」元若ノ鵬会見全文

以上の決意に至ったのは大好きな相撲をきれいな世界に戻したい。その中で、もう一度私の夢をかなえたいという思いと、外国人力士の名誉回復のためです。

日本相撲協会“八百長告発”黙殺!

北の湖前理事長は八百長報道に対し、全面対決の姿勢を取ってきた。昨年の初場所後に週刊現代が疑惑報道を展開した際には、全幕内力士を事情聴取。週刊現代の発行元などを相手に3件の訴訟を起こしている。

武蔵川理事長、法的措置「対応します」…八百長告発に

武蔵川理事長(元横綱・三重ノ海)は29日、両国国技館での横綱審議委員会終了後、元若ノ鵬の八百長告発に「何を言ったのか聞いていないから答えようがない」とする一方、出廷はもちろん、現代側が誌上で協会の名誉を傷つける記事を掲載した場合には「対応します」と新たな法的措置に出る姿勢を示した。

元若ノ鵬“八百長疑惑”暴露…被告側証人として出廷も

大相撲の八百長疑惑が明るみに出る可能性があるだけに、会見場にはテレビカメラ24台を含めた報道陣約100人が詰めかけた。しかし、質問が認められたのは3人の記者だけで、午前11時に始まってからわずか10分で打ち切られた。