ノリノリ!石井プロレスやっちゃったという記事より。

北京五輪柔道男子100キロ超級金メダルの石井慧(21)=国士大=が28日、尊敬するプロ格闘家・小川直也(40)が主宰する小川道場(神奈川・茅ヶ崎市)を訪れ、獲得した金メダルを寄贈した。

北京オリンピック金メダリストの石井慧が、以前に語っていた通り、金メダルを茅ヶ崎にある小川直也が主宰する「小川道場」に寄贈しました。

そこで小川道場所属のプロレスラー沢田敦士とけいこしたのですが、柔道着を脱ぎ捨て、ラリアット、エルボー、最後は大外刈りを繰り出したそうです。

それを見ていた小川直也が一言。

 「STIだな…」

「STO(スペース・トルネード・オガワ)」ならぬ「STI(スペース・トルネード・イシイ)」が誕生しました。

当然、柔道では腕を振り回して攻撃するラリアットは反則だが、釣り手に変化をもたせる工夫で応用するという。

本当に試合で使っちゃうつもりなんだ。

調子に乗って、全日本・武藤敬司の「プロレスLOVE」ポーズを決めている写真までありました。

2008-09-29_0747.png

無駄にいい笑顔ですね。

そんな石井慧フリーダムを、小川直也は「本当の意味で義理人情がある侍。ボクが訴えていきたい」とフォローしています。

■関連エントリー

石井慧フリーダム、全柔連がテレビ出演をストップ
石井慧フリーダム、ロックポーズで「うそつきは政治家の始まり」
石井慧フリーダム「怒るんだったら呼ばないで」